2012年08月25日

ROI(投資利益率)

ROI(Return on Investment)とは、日本語で『投資利益率』を意味する。

投資した資本に対して得られる利益の割合。利益を投資額で割ったもの。

ROI=(年間の手取り家賃収入 ÷ 購入時の自己資金)×100


(例)不動産投資の場合
①不動産購入時の自己資金1000万円に対して、年間の手通り家賃収入が50万円とすると、

(50万円÷1000万円)×100=5%(ROI)⇒自己資金100%のうち5%にあたる利益回収率。
1000万円 ÷ 50万円=20年自己資金を20年かけて回収。


②1000万円の物件(レバレッジによる全額銀行融資800万円とする自己資金200万円)に対して、
年間の手取り家賃収入50万円とすると、

(50万円÷200万円)×100=25%(ROI)⇒自己資金100%のうち25%にあたる利益回収率
200万円 ÷ 50万円=4年自己資金を4年で回収できる


①、②から分かるように、レバレッジを効かすことにより自己資金を早く回収でき、再投資に利用できる。

①の場合は良い投資とは言えない。なぜなら、自己資金を回収できるのは、20年も先の話だからだ。

キャッシュフローを考えると、20年もの間自己資金1000万円から、

毎年50万円もらっているだけになる。


しかも、ずっと満室を想定した場合で20年なので、空室が出たり、リフォーム、

その他のトラブルがあった場合は20年以上かかることになる。

ゆえに、自己資金を早く回収できるのが良い投資という事になる。


投資で最も大事なことは『キャッシュフロー』、そして『ROI』『レバレッジ』であるのだ。


キャッシュフロー
レバレッジ
病気、仕事、対人などお悩み解決はコチラ
シャネル(CHANEL)はコチラ

posted by seseme at 02:33| ROI | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。