2012年08月20日

レバレッジをかける

不動産投資などで、よく使われる言葉『レバレッジ』

『レバレッジ』とは『てこ』を示す言葉で、

小さい力で、大きなもの動かす これを称して『レバレッジ』という。

レバレッジを利用することを『レバレッジをかける』といい、

投資の世界でのレバレッジは『他人のお金で投資を行う事』を指す。


よって、極端に言うと、自己資金(頭金)0円で、

銀行からの融資(他人の貯金しているお金)を受けることにより、

その融資額の何倍、何十倍ものリターンを得るのである。

お金持ちが、どんどんお金持ちになるのがよく分かる。


また、レバレッジはお金に関してだけの言葉ではありません。

特に人生の成功者は時間を大切にすると言われる。

よって、必ずと言ってもいいぐらい、時間と知識にレバレッジをかけている。


例えば『専門分野は、その道の専門家に任せる』といったことで、

自分が一から勉強して資格をとったりする手間と時間を、お金で買うのだ。

そうすることにより、大切な時間を費やすことなく知識を手にいれれるのだ。

その投資額より、さらに大きなリターンを得るのです。

キャッシュフローとは
悪質詐欺被害 無料相談はこちら
男性の悩みはこちら 包茎・ワキガなど
腕時計 通販はこちら


posted by seseme at 00:52| レバレッジ | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。